ブルカミア

 金魚を飼っている。というか飼い続けている。小さな金魚が大きく育ち寿命が尽き水槽が寂しくなると、また新しい仲間が増えるという具合だ。私が子供の頃からの水槽なので、50年も使っているが、まだまだ使用に耐えている。60cm水槽で水を換えるのは一仕事。金魚にしてみれば、水が澄んでいようが濁っていようがどうでもよくて、水替えなんて迷惑以外の何物でもないのだろうが、同じ生活空間にあるかぎり、やはりキレイなほうが気分イイ。

 以前は、「1ヶ月間水換え不要」という上部フィルターを使っていたが、あるとき1年間水換え不要という納豆菌を使った「バイオリング」を見つけ、横着しようと手に入れた。これはこれで我慢できる程度に効果はあったのだが、1年半ほど使い効果も薄れてきた頃、テレビ番組で2年間水換え不要「ブルカミア」という優れものがあることを知った。早速、手に入れ水槽をリセット。底面フィルターから水を汲み上げる方式で、底に敷いたブルカミアという石が汚れを物理的に濾過し、バクテリアが繁殖し生物的濾過も期待できるらしい。その効果は、驚くべきものだった。今までみたこともない水の透明感だ。この値段で2年間も維持できるのなら、最高のコストパフォーマンス。

 「おー、今日もキレイだあ」と毎朝、金魚を観るより水の透明感を楽しむという本末転倒な私である。

泥水のような水槽 ところで、ウチの金魚には皆、名前がついている。出目金は「クロ」、大きなコメットは「コメ」、小さなコメットは「コメッコ」、普通の金魚は「フツウノ」という。エサのときに名前を呼ぶと水面に集まってパクパクする。

 ブルカミアを使い始めて半月ほど経ったある朝、水槽を観てビックリ!なんと泥水のように濁り、金魚の姿も見えないくらいだ。よくよく見ると水中ポンプから水が出ていない。「えーっ、不良品だあ」ということで早速、購入した店に電話をしたところが、説明によると原因は私の不注意らしい。底面フィルターをセットするとき、底から少し浮いていた可能性が。その隙間を通った粒上のブルカミアがポンプのファンによって粉々に粉砕され泥状になりポンプが詰まったらしい。対応策を聞き、またまた水槽のリセット。これが結構大変なんだなあ。しかし結局問題解決せず。

透明感溢れる水槽 もうこうなったらオトコの意地だもんね。新しいブルカミア8kgを購入しなおし、底面フィルターをシリコンでコーキング。いっさいの隙間も許さんぞ。というくらい厳重にリセット。はあー、大変だあ。「俺は、いったい何をやってるんだろ」状態。

 苦労の甲斐あって今は落ち着いているのだが、あと2年が経った頃、世の中には「3年間水換え不要」というシステムが出来ていて、また要らん苦労をするのだろうか。

関連:ブルカミアのその後
関連:ブルカミアの顛末

投稿の新しい順

  • 孫の自由な発想に脱帽

     ベニヤをカットすると、当然のことだが切れ端が出る。小さくても形あるものは、いつか何かの役に立つだろうと思い捨てずに保存してある。四角や三角、大きいモノや小さいモノ。  孫を子守で預かった日、干支を作...

  • ベニヤ・クラフト

     きっかけは、「ゴム鉄砲の的(マト)ゾンビ」から始まったベニヤクラフト。今では的としての機能は二の次で、いかにベニヤの断面模様を作品に生かせるかが課題になっている。アイディアを練りデッサンしてベニヤを...

  • ゴム銃の的・ゾンビ型

     相変わらず作業場にこもって木工に勤しんでいる。最近は、孫のオモチャの延長で「ゴム銃の的」作りにはまっている。輪ゴムを飛ばすゴム鉄砲の的である。イメージはテレビゲーム「The Crossing Dea...

  • iPone6をiPodにして使う

     iPhoneSE(第2世代)はLightningケーブルのみでイヤフォンジャックがなくアンプにつなぐにも変換ケーブルが必要。ということで、以前使っていた[iPhone6]を[iPod化]して使うことにした。なんたって、iPhone6にはイヤフォンジャックがありアンプに直接...

  • 宇宙のパンの賞味期限

     2009年にはスペースシャトル「ディスカバリー号」に積まれて宇宙食として活躍したとある。ということは、この賞味期限[2012.05]と記載の商品は、その3年前に製造されたものとして12年前に焼かれたパン。さすがに食べるのはためらわれるが...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤

Powered by Movable Type 5.14-ja