期間限定の幸せを味わう

 以前、このブログで「アナタにとっての幸せとは」という記事で「我慢に我慢を重ねたあとのトイレで一気に放出する瞬間、これ以上無いほどのホッとする幸せを感じる」と書いたが、それとて一瞬だけの事。喉もと過ぎればナンとかのごとく用を足してしまえば、もうなんとも感じない。幸せを感じていられるのは、しょせん期間限定なのだ。

 もし、アナタが1日だけでも幸せでいたいと思うなら、「前から欲しかった素敵な洋服を買い、それを着て1日を過ごす」というのはどうだろう。きっと、その日1日はとても幸せな気分で過ごせるはず。でも、ハッピーな気分は、せいぜい1日くらいのこと。

 例えばアナタが1週間、幸せでいたいと思うなら、「クルマを買う」のはどうだろう。新しい車を眺めたり、さすったり、洗車したり、磨いたり、なかにはクルマの中で寝てしまおうかというほど嬉しくてたまらないという人もいるかもしれない。その1週間は、とても幸せな気分でいられるはず。

 アナタがもし1か月間、幸せでいたいなら、「恋をしなさい」。夢から覚める1か月の間、寝ても覚めても夢心地のウットリした気分でいられるから。

 そして、アナタが3か月間、幸せな気分でいたいと思うなら、「結婚するのがイイかもしれない」。きっと、甘―い気分を味わうことができるはず。とりあえず3か月の間は...

 さて、もしもアナタが1年間、幸せな気分でいたい場合は、「家を建てよう」。春夏秋冬、季節の変化に応じてマイホームを持った喜びに浸れるだろう。

 このように、幸せとは期間限定なのだ。そこで、もしもアナタが大胆にも一生、幸せでいたいと願うなら、「この開運印のハンコを買いなさい」というのが印鑑のセールスマン...

 人間、高望みをしてはイケナイ。結局は小さな幸せをコツコツと積み上げていくのが一番。とりあえず2時間だけでも幸せな気分でいるには、「クラブ・ゼナを聴く」

 というのが、ラジオのディスク・ジョッキーをやっていた頃の私のホラ話。

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja