コンコード・ジャズフェス

 1階7列26番

 これが札幌コンサートホール・キタラ大ホールでジャズを聴くベストポジション。ということで行ってきましたあ。富士通コンコード・ジャズフェスティバル。なんたって、目当てはスコット・ハミルトン。まさに肩の凝らない楽しいジャズ。スィング、いやニュー・スウィング。自然にカラダが揺れてくる、そんな雰囲気のとっても楽しいイベントでした。

 ところが、それ以上にヨカッタのが、サイラス・チェスナットのピアノトリオ。「若手の中で誰よりも早く個性を確立した若き巨人」と云われるだけのスゴイ奴。なかでも、出だしで「ん?」と思わせるケリー・ブルーは最高のパフォーマンス。きっとウィントン・ケリーも、あの世から絶賛の拍手を送ってるんだろうなぁー。ただ、40才の若さであのカラダ、あんなにデブでエーンカ?きっと長生きせんよなー。

 そしていよいよ、ハリー・アレンとスコット・ハミルトンのダブル・テナー。なんたって、リズムセクションの豪華さというか高齢化というか、往年の偉大なミュージシャン達、ピアノのジョン・パンチ(82才)、ドラムスのジェイク・ハナ(71才)、ギターのバッキー・ピザレリ(77才)、49才のハミルトンが子供、それより12才も年下のアレンなんか、まるで孫のよう。でもそんな組み合わせがイイんですねぇ、どこか和やかで。レスター・ヤング、コールマン・ホーキンス、ベン・ウェブスターを彷彿とさせる彼らのテナーに自然とカラダがノリノリ。と思ったら、隣の奴がカラダを揺らしてるもんだから、こっちの椅子まで揺れてやんの。

 そうこうしてるうちに、ラストナンバー。たまたま縁あって一緒に連れていった隣席の女性、カラダが大揺れに揺れてきて、とってもノリノリのご様子。アドリブのあとの拍手の仕方も興奮気味。演奏後半のフォーバース、フロントとドラムスが交互にフレーズを回し始めた頃、キタラ大ホールに響き渡る大きな声で突然叫んでしまった。

「へイ、ドラームッ!」

 ジャズとは云え、コンサートですぜ、ライブハウスじゃないんだぜ。聴衆の目線がいっせいに、こちらに。それどころか、ステージの連中の目線までもが。エッ?誰?この人?オレ知らない。オレ一緒に来てない。オレ無関係。と、座席にもぐりこんでしまった私。一瞬、キタラ大ホールの空気が止まってしまったかのような緊張が走ったのも束の間、会場の雰囲気が一挙に盛り上がってきましたねぇ。というのも、その声に反応してハミルトンとアレンがサッと脇にしりぞき、フォーバースを中止。なんとドラムソロが始まってしまったのだぁ。

 会場はヤンヤの喝采。延々と続く71才ドラマーのソロ、それに追い討ちをかけるように、またまた隣の女性

「へイ、カモーンッ!」

 こっちの方がデカかったねさっきの声より。ステージの連中、今度は嬉しそうにこっちを見てニヤリ。なによりもジェイク・ハナ、嬉しそうにブラシを置いて、指でスネアを叩き始めてしまった。大サービスだ。そしてあの指を滑らせてのトン・ツ-を試みたがうまく音が出ず苦笑いというかバンドのメンバーに笑われるシーンも。会場は大喜び。

 実はこの女性、ジャズのコンサートは初めて。普段は、クラシックにオペラを聴くという御婦人。そんな彼女をして、ここまでノリノリに盛り上げてしまったステージの連中もエライが、どうしてここまでストレートに感情をあらわにする彼女もエライ。

 うーん、長年付き合ってきて初めて見ましたねぇ、家内の別の一面を。

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja