行って来ましたぁ、ナベサダのコンサート。札幌コンサート・ホール・キタラ。「ウィズ・ストリングス」。いわゆるヒモ付き。とっても素敵なコンサートでした。まっ、なんといっても「ウィズ・ストリングスのコンサートは冬」に限るですよね。「渡辺貞夫・バラード・ウィズ・ストリングス / クリスマス・コンサート」と云うくらいのタイトルですからねぇ。とってもロマンティックな雰囲気になってしまう、そんな演奏でした。当然、会場はカップルでイッパイなのだ。

 どうして、「ウィズ・ストリングスのコンサートは冬!」ということにこだわるのか。

 なんたって、ウットリするようなイイ雰囲気ですからねえ、恋する人々にとっては最高のシチュエーション。ナベサダが、アルト・サックスをソプラニーノに持ち替えた瞬間、そこは、まるでケニー・G の世界。カップル同士が周りの視線に隠れ、手を重ね肩を寄せ合い自分達の世界に浸ってゆく。

 そしてコンサート終了。会場を出る。外は真っ白な雪の世界。街灯に照らされて雪が舞う。マイナスの気温の中「寒くないかい?」なんてことを言いながら、互いに肩を寄せ腕を組み、彼のコートのポケットの中で彼女の指を握り締め、白い息を吐きながら歩く。うーん、なかなか絵になるじゃないですか。

 まずは、お洒落なレストラン。あまり明るくない店の方がいいなぁ。薄明かりの中で、テーブルランプの灯りだけというのがベスト。ワイングラスをカチンと合わせ「今夜はアリガトウ!あなたの音楽の趣味って素敵よね。うふん♡」なーんてことを云われてごらんなさい。たまりませんよお。でも注文した料理には、あまり手をつけず。互いに「コノアトノ展開」にナニかを期待して、あまり食欲がない。身も心も温かくなった頃、ついに店を出て向います。

 高層ホテル

 眼下に夜景を見下ろす部屋。二人は窓辺にたたずみ夜景を眺めながら、どちらからともなく身体を寄せ合い。なーんていう展開になってしまうんですねぇ。ウィズ・ストリングス・コンサートのあとは(ホンマかいな?)

 ですから、これはゼッタイ寒い季節じゃないとダメなんです。この状況を猛暑の夏に置き換えて想像してみて下さい。「ナンデこのクソ暑いのにベタベタすんのさ!」って云われるのが落ちですから。

 季節的にも絶好調のそんな夜、純真無垢な下心を持った私は、開演ギリギリに会場に着きました。ところが、待ち合わせのエントランスに居るはずの彼女の姿が見えない。そこで携帯に連絡を入れると、なんと!

 「ゴメンなさい、仕事が入ったの」

 「えーっ!」ドタキャン!

 胸いっぱいに膨らんだ純真無垢な下心の捨て場所もなく私は寂しく会場へ。カップルで溢れた会場の中。私の隣りの席だけがポッカリ空いていて男がポツンと一人。「ほらっ、ねぇ、あれ、あの人、ドタキャンされたんじゃないの?」なんて声が周りから聞こえてきそうな雰囲気の中、開演を待つ。まっ、別にイイけどさ。あの会場の中で下心もなく純粋に音楽を聴いていたのは、きっと私一人だけだったと思うよ。

コンコード・ジャズフェス

 1階7列26番

 これが札幌コンサートホール・キタラ大ホールでジャズを聴くベストポジション。ということで行ってきましたあ。富士通コンコード・ジャズフェスティバル。なんたって、目当てはスコット・ハミルトン。まさに肩の凝らない楽しいジャズ。スィング、いやニュー・スウィング。自然にカラダが揺れてくる、そんな雰囲気のとっても楽しいイベントでした。

 ところが、それ以上にヨカッタのが、サイラス・チェスナットのピアノトリオ。「若手の中で誰よりも早く個性を確立した若き巨人」と云われるだけのスゴイ奴。なかでも、出だしで「ん?」と思わせるケリー・ブルーは最高のパフォーマンス。きっとウィントン・ケリーも、あの世から絶賛の拍手を送ってるんだろうなぁー。ただ、40才の若さであのカラダ、あんなにデブでエーンカ?きっと長生きせんよなー。

 そしていよいよ、ハリー・アレンとスコット・ハミルトンのダブル・テナー。なんたって、リズムセクションの豪華さというか高齢化というか、往年の偉大なミュージシャン達、ピアノのジョン・パンチ(82才)、ドラムスのジェイク・ハナ(71才)、ギターのバッキー・ピザレリ(77才)、49才のハミルトンが子供、それより12才も年下のアレンなんか、まるで孫のよう。でもそんな組み合わせがイイんですねぇ、どこか和やかで。レスター・ヤング、コールマン・ホーキンス、ベン・ウェブスターを彷彿とさせる彼らのテナーに自然とカラダがノリノリ。と思ったら、隣の奴がカラダを揺らしてるもんだから、こっちの椅子まで揺れてやんの。

 そうこうしてるうちに、ラストナンバー。たまたま縁あって一緒に連れていった隣席の女性、カラダが大揺れに揺れてきて、とってもノリノリのご様子。アドリブのあとの拍手の仕方も興奮気味。演奏後半のフォーバース、フロントとドラムスが交互にフレーズを回し始めた頃、キタラ大ホールに響き渡る大きな声で突然叫んでしまった。

「へイ、ドラームッ!」

 ジャズとは云え、コンサートですぜ、ライブハウスじゃないんだぜ。聴衆の目線がいっせいに、こちらに。それどころか、ステージの連中の目線までもが。エッ?誰?この人?オレ知らない。オレ一緒に来てない。オレ無関係。と、座席にもぐりこんでしまった私。一瞬、キタラ大ホールの空気が止まってしまったかのような緊張が走ったのも束の間、会場の雰囲気が一挙に盛り上がってきましたねぇ。というのも、その声に反応してハミルトンとアレンがサッと脇にしりぞき、フォーバースを中止。なんとドラムソロが始まってしまったのだぁ。

 会場はヤンヤの喝采。延々と続く71才ドラマーのソロ、それに追い討ちをかけるように、またまた隣の女性

「へイ、カモーンッ!」

こっちの方がデカかったねさっきの声より。ステージの連中、今度は嬉しそうにこっちを見てニヤリ。なによりもジェイク・ハナ、嬉しそうにブラシを置いて、指でスネアを叩き始めてしまった。大サービスだ。そしてあの指を滑らせてのトン・ツ-を試みたがうまく音が出ず苦笑いというかバンドのメンバーに笑われるシーンも。会場は大喜び。

 実はこの女性、ジャズのコンサートは初めて。普段は、クラシックにオペラを聴くという御婦人。そんな彼女をして、ここまでノリノリに盛り上げてしまったステージの連中もエライが、どうしてここまでストレートに感情をあらわにする彼女もエライ。

 うーん、長年付き合ってきて初めて見ましたねぇ、家内の別の一面を。

天は二物を与える

 またまた、マライアキャリーの新しいアルバムが出ました。

 マライアはお気に入りの歌手の一人ですが、美人でキュートでセクシーで、その上歌唱力があり、なんたって8オクターブも声が出ちゃうのだからスゴイ。「天はニ物を与えず」 という言葉があるけれど、彼女を見てる限り、それは持てない者のヒガミなんじゃないかという気がしてくる。それって、なんとなく 「差別につながるから、ミスコン廃止すべし」 という ブス の訴えに似ているような...


 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja