山荘の三羽烏

薪運び 玉切り薪運搬

 台風の上陸で、各地に大きな被害。その上、猛烈な勢力の台風10号も控えている。今のところ山荘に大きな被害はないが、これから風の強さによっては倒木が増えることも。倒れた木を玉切りにして運び出し、薪を割る。暑い季節には敬遠していた作業だが、台風の影響によっては人馬のごとく汗をかくことになりそう。

力丸くん 何が一番キツイかといえば、山の中から木材を運び出す作業。玉切りしているとはいえ、長さ40cm直径20〜30cm程度で重さ10〜20kgくらい。これを1個づつ抱えて、山から降りてくる。平らなところに着いたら、二輪車に積んでトラックまで運ぶ。この二輪車、タイヤが小さいのでアスファルトのように平坦な場所以外では非常に重く感じる。まるで、自分が「ばんば(ばんえい競争)の馬」になったような気分になってくる。

 身体を動かすのはイヤじゃないけど、ツライのはキライ。そんな訳で、ホンダ運搬車「力丸君」を手に入れた。4サイクルエンジンでキャタピラ駆動、どんな斜面もモノともせず重い荷物を運んでくれる。こんな頼もしい味方はいない。世界のホンダが誇る高級スポーツカー「NSX」に負けず劣らず、私にとっては食指が動く車種。我が家では「ガッツ君」というパワフルな耕運機、「刈馬王」という怪力草刈機とともに「山荘の三羽烏」と称され、末代まで家宝とすべき三種の神器。斜面を登り、その場で丸太を載せて降りてくる。私はといえば、ハンドル操作とアクセル操作のみ。こんなに楽できるのは、文明の利器のおかげ。今では、私もハイテク林業家の端くれ。

 とはいえ最近、クーラーの効いた部屋でゴロゴロしながら、amazonプライムで映画見放題の癖がついてしまった私にとって、涼しい秋の声を聞くまで外に出たくないのが本音。

 おーい、台風10号よ。できれば山荘だけは避けて通り過ぎてくれぇー

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja