目で楽しむキノコ

テングタケ

 イボテングタケ。イボテン酸という旨味成分が豊富、中毒覚悟で食べると旨いらしい。長野県上田市あたりでは、真っ赤でド派手なキャラのベニテングタケを茹でて塩漬けで長期保存したあとに塩を抜いてて食べるという。きっと旨いのだろうが、イボテングタケの旨味成分の方がベニテングタケより10倍も多いらしい。それだけにヤバイのか、ベニテングタケは食べてもイボテングタケを食べたという話は聞こえてこない。毒があろうがなかろうが、目で楽しむキノコとしては5本の指に入る。ドコモダケやスーパーマリオのキャラを連想させる。夏から秋にかけて、そこら中に生えている。ハエが舐めると動けなくなるので別名ハエトリという。ハエも旨いものには目がないのかもしれない。

カワラタケ

 カワラタケ。小型の傘が重なって生える様子が屋根瓦に似ていることから「瓦茸」と呼ばれる。肉質が硬いので食べられないが、乾燥して煎じ「キノコ茶」として飲まれる。酒に漬けると「キノコ酒」になる。健康食品として利用されるのは、副作用のない抗がん剤として有名な「クレスチン」の成分がカワラタケから抽出されるから。クレスチンの機能性成分は「β-グルカン」という多糖類。あのハナビラタケに多く含まれるものと同じ。

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja