ウケ狙いの土産物

 たまたま立ち寄った砂川サービスエリアに隣接するハイウェイオアシス。休日とあって大混雑の中、土産物売り場をブラブラ。こんなにも道産土産があったのかと驚くほど品数が揃っている。メジャーなものから、道産子の私でさえ初めて見るものもある。ただ、絶対に買わないだろうなと思うのが写真の商品。

ヒグマに鼻くそ うしのう○こ

エゾシカのおとしもの スープカレーチョコ

焼きサンマチョコ 「ヒグマの鼻くそ」や「うしのう○こ」に「エゾシカのおとしもの」なんてネーミングを考える奴も考える奴だが、それらしいイメージの商品を作る奴も、いったいどんな神経をしているのだろう。今の世の中、面白ければ売れるということなのだろうか。品もなんもあったモンじゃない。奇をてらった商品で、絶対に食べたくないのが「スープカレーチョコ」。カレー味のチョコレートって、いったい何なんだ?まったくイメージが湧かない。どう考えても旨いと思えないし、食わず嫌いだと罵られても一生喰わなくてイイ。

 え?なんでお菓子売り場にこんな物があるの?と、ビックリしたのが「焼きサンマ」。どうみてもサンマでしょ!というパッケージだが、中身はチョコレートらしい。まさか、サンマの味がするのかしら。まったく味が想像できない。恐い物見たさのウケ狙いの商品のようだが、どんな人が買ってゆくのだろう。

 ネーミングで印象づけて購買意欲を高めようというのが戦略だとしたら、実は私もワナにはまってしまった。先日、秋田空港の土産店で「若がえりまんじゅう」というのを見つけ、名前に惹かれて買ってきた。皮に葛を練り込んであるらしくモチモチの食感で、それなりに旨かったが別にあれ以来、若返ったようには思えない。

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja