ARIETIS - Freddie Hubbard

"READY FOR FREDDIE" / FREDDIE HUBBARD
 FREDDIE HUBBARD (TP)
 WAYNE SHORTER (TS)
 BERNARD McKINNEY (EUPH)
 McCOY TYNER (P)
 ART DAVIS (B)
 ELVIN JONES (DS)

 今年は雪が遅かったせいか、ある日突然、冬が来たように感じる。毎年寒くなる時期には、Piano Jazzが恋しくなり徐々にハード・バップへとノメリ込んでゆくのだが、今年は一気に熱いJazzに浸っている。我が家のマッキンとアルテックも快調に飛ばしている。

 「Arietis」、フレディ・ハバードのBlue Note4作目 "Ready For Freddie" のA面1曲目。この3ヶ月前にコルトレーンの "OLE" に参加、そこで競演したバックミュージシャン全員を引き連れ、ウェイン・ショーターとの初コラボ。1961の録音だから、ちょうどジャズメッセンジャーズに参加しはじめた頃。

 フレディ・ハバードは、ブルーノート、アトランティック、CTIなどに多くの作品を残している。60年代のハード・バップ、70年からのCTIレーベル、その後のハービー・ハンコックとのV.S.O.P結成と移り変わるが、やはり輝いているのは60年代だと思う。

投稿の新しい順

  • ウンコ臭いのは俺なのか?

     池の淵に立つ柳の大木が倒れた。根元を見ると大きく裂けているので、余程の強風が吹き荒れたようだ。そのままにしておく訳にもいかず、チェンソーで伐り倒し玉切りにして運び出すことに。池の上に張り出した部分は...

  • 2度目の木製オセロに挑戦

     まるばつゲームに続き、リバーシ製作。2年半前にも木製オセロを自作しているが、2度目なので色違いに木を染め張り合わせて石を作ることに。直径30㎜の丸棒を均等な厚さにスライスするのだが、押し出した分の厚...

  • 木製まるばつゲーム盤自作

     作業台完成後、ほぼ毎日何かしらの製作に精を出している。玄関用腰掛けやスリッパ収納ラック、茶の間のコーナーラックなど大物リノベーションが続いたが、120cm×70cmの作業台では長尺物を扱えないので三...

  • 使い勝手がいい木工作業台

    「何かを作る前に」「何かを作るための作業をする場所」、つまり作業台を作ることに。自分なりに使い勝手良く設計し自作。構想を練り始めて約1か月、試行錯誤しながら遂に完成...

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤

Powered by Movable Type 5.14-ja