ガッツのないガッツ君

 我が家の耕耘機は、ジーフォースVAR545。通称「ガッツ君」という名がついている。なんとも頼りになるパワフルなタノモシイ奴。



 さあ今日も一日農作業に頑張るぞとアチコチ痛むカラダに鞭打って、ガッツ君のエンジン始動。作業を始めた直後、急に動かなくなってしまった。エンジンは廻っているのだが、前にも後ろにも進まない。点検してみると動力を伝えるベルトが断裂。あまりにも酷使しすぎたせいか、ガッツ君がガッツをなくし音を上げてしまった。

 やむなく農作業は中止。笹刈りや草刈りに精を出し一日を過ごし、帰宅してからホームセンターへ。耕耘機用のVベルトを買ってきた。これで明日は、農作業再開。


 ついでに種芋も仕入れてきた。「栗のようなインカのめざめ」「煮崩れしにくいメークイン」「粉ふきいもの男爵」「ポテトサラダの北あかり」「ホクホクのアンデスレッド」「煮物用とうや」「フライドポテトの十勝こがね」「フランス生まれのシンシア」の8種類。畑の図面を作らなければ、どこに何を植えたかわからなくなりそう・・・

 野花南の帰り途、クルマの前をキタキツネが横切りコチラを見つめていたのでカメラを取り出したが、シャッターチャンスを逃し遠く離れていった。

投稿の新しい順

  • コロナと無縁の生活

     人里離れて、コロナと無縁の生活を送っている。連休中に桜の満開が過ぎハクモクレンが盛りを迎えた。エゾヤマツツジが蕾をつけはじめる頃。    毎年春、せっかく芽吹いた新芽を鹿に喰われ大きくなれなかった林...

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja