感傷に浸って

 あと1日半働くと、住み慣れた診療所ともお別れです。先代から私に代が変わるとき、私の思いのままに建て直してから30年間。雨の日も風の日も景気のイイときも悪いときも、ずーっとここで頑張ってきました。予約制でない時代は、一日百人なんてこともザラで先代と私と弟で目の回るように仕事に追われていたことも。

 私一人になってからも、一日70人くらいの患者さんを診て自分の城を守ってきました。今から思うと隔世の感があり、自分の年とともに患者さんも高齢化し減少し、今でこそちょうどよい診療システムに落ち着いた頃、息子が自分の思いのままに自分の城を建て、これから守っていきます。

 こうして時代は流れ、親から子へと受け継がれていくのが自然の摂理なのでしょう。私は人生の下り坂を歩んでいくことになりますが、寂しさはありません。肩の荷が下りた気楽さといえば隠居じみていますが、どこかフッと気が抜けた安寧な気分を楽しんでいます。

 とはいえ、まだまだオマケで働かなければならず、感傷に浸る暇はなさそうです。この週末は引っ越しに追いまくられ新しい環境に慣れるための訓練もしなければならず、ただただ息子の言われるままについて行くだけです。

 そうは言っても、この病院での最後の患者さんを見終わったとき、どんな想いが私の胸によぎるのだろう。

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja