感傷に浸って

 あと1日半働くと、住み慣れた診療所ともお別れです。先代から私に代が変わるとき、私の思いのままに建て直してから30年間。雨の日も風の日も景気のイイときも悪いときも、ずーっとここで頑張ってきました。予約制でない時代は、一日百人なんてこともザラで先代と私と弟で目の回るように仕事に追われていたことも。

 私一人になってからも、一日70人くらいの患者さんを診て自分の城を守ってきました。今から思うと隔世の感があり、自分の年とともに患者さんも高齢化し減少し、今でこそちょうどよい診療システムに落ち着いた頃、息子が自分の思いのままに自分の城を建て、これから守っていきます。

 こうして時代は流れ、親から子へと受け継がれていくのが自然の摂理なのでしょう。私は人生の下り坂を歩んでいくことになりますが、寂しさはありません。肩の荷が下りた気楽さといえば隠居じみていますが、どこかフッと気が抜けた安寧な気分を楽しんでいます。

 とはいえ、まだまだオマケで働かなければならず、感傷に浸る暇はなさそうです。この週末は引っ越しに追いまくられ新しい環境に慣れるための訓練もしなければならず、ただただ息子の言われるままについて行くだけです。

 そうは言っても、この病院での最後の患者さんを見終わったとき、どんな想いが私の胸によぎるのだろう。

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja