カリン(花梨)

 先日、とっても嬉しいことがあった。長野の知人から突然、予期せぬ贈り物が届きビックリ。箱を開けるとカリンとリンゴが入っていた。私にとって、カリンは見るのも触るのも初めてのこと。なぜカリンだとわかったのかというと、箱にそう書いてあったから。表面に薄い茶色の綿毛のようなものがついていて、擦ると取れてくる。はじめは梱包材が残っているのかと思ったが、もともとカリンとは、そういうものらしい。

 箱の蓋を開けるだけで、部屋中が甘い香りに包まれる。早速、お仏壇に備え、1個を味見に切ってみた。スゴイ!切り口からは淡いブランデーの香りが漂う。今まで経験したことのない初めての香り。梨のようなカタチなので、ラ・フランスの味を想像して一口囓ってみた。「うわっ、渋っ!」。きっとまだ熟してないのだろうと、少し置いて熟すのを待つことにした。とりあえず、切ってしまったものはモッタイナイので、ホワイトリカーに漬けた。この香りがうつると、芳香漂うオイシイお酒になるだろうなあ。

 

 この年になっても、世の中には知らないことが沢山あると気づいたのは、あくる日のこと。というのも、いつもなら即インターネットで「カリンのおいしい食べ方」なんてキーワードを入力して検索するのだが、たまたま私の部屋は息子に荒らされ?そこら中PCのパーツだらけの散らかり様。3台のパソコンを分解し組み立て直している最中のため、ネットにも繋がらない状態。

 ようやくパソコンが使えるようになったので、ネットでカリンを調べてみた。「渋く石細胞が多く堅いため生食には適さず、砂糖漬けや果実酒に加工される」と書いてある。加熱すると渋みは消えるらしい。また、昔からカリン酒や砂糖煮、砂糖漬けは、咳止めや風邪の時に用いられ、疲労回復にも効果があるということ。知らなかったなあ。生では食べられないんだ・・・

 それではということで、昨日のカリン酒を大きな瓶に移し、残りを足して漬けなおした。それだけじゃなく、少し残して、細かく刻んで蜂蜜にも漬けてみた。カリンの蜂蜜漬け。旨そうだな・・・

 それにしてもなあ。味見をしてすぐに「熟すのを待ってから頂きます。今から楽しみです」と書いて礼状を出してしまったのだが、「えっ、生で食うのかよ?」と、カリンを見たことも聞いたこともない私に心を遣かって下さった贈り主の方は、驚いているかもしれないなあ。ごめんなさい・・・

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja