夜の蝶は夜行性?

 植物や昆虫には、よく似たものが沢山ある。秋になると黄色の花を咲かせるセイタカアワダチソウとオオアワダチソウの違いがよくわからない。蝶は羽を閉じて留まり、蛾は羽を広げて留まると言われているが、羽を広げて留まるタテハチョウという蝶もいる。蝶と蛾の違いを調べていたら、蝶は昼に活動し蛾は夜行性だと書いてあった。じゃあ「夜の蝶」って、ナニ?

セイタカアワダチソウ

 羽を広げて留まっているこれは、蝶なのか蛾なのか。

 

 最近では生物学的根拠が薄いという理由で、蝶と蛾の分類自体がナンセンスとされているらしいが、大まかな特徴として、留まるとき羽を閉じるか広げるかの他に、蛾は夜行性なので体温を保つため厚い鱗粉で覆われ、蝶に比べ胴体が太く色が地味だという。

 艶やかに着飾り「鮮やかな色彩の蝶」を連想することから、川口松太郎は「夜の蝶」と題して小説を書いたのだろう。しかし実際には、胴体が太く地味なのに厚い鱗粉を塗ったくり、座るときに羽(股?)を閉じない「夜の蝶」もいる。

投稿の新しい順

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...

  • 晩秋の野花南山荘

     暖かな陽に包まれる晩秋は、一番好きな季節。夏に生い茂った葉が落ちると遠くまで景色が見渡せるようになる。陽の暖かさと静寂の中、人生の秋を思い心穏やかになる。 ...

  • 今年も幸せのラクヨウの味

     雨が多く平均気温15℃以下、最低気温10℃前後になるとラクヨウキノコが一斉に出始める。それ以前にも単発的に見られるが採れる量はごくわずか。  毎年、秋分の日に行う「抜歯塚供養」と「家族総出のラクヨ...

  • 恐るべしステロイドの効果

     デカい蜂に刺され緊急外来へ。45分ほどの点滴が終わるころには、心持ち腫れが引いてきたような気が。時間とともに効いたらしく就寝時には、手の甲の腫れは完全に治り刺された場所にシコリが残り触ると痛い程度。やったあ!効いたじゃん。さすがステロイド!と感心して眠ったのはいいが...

  • ポップな色のブランコ完成

     朽ちて錆びていた山荘のブランコ、錆を落とし磨いてポップなイメージに塗装した。錆びたチェーンを16mm径のクレモナSロープに交換。自己流の漁師結びで吊るしたが72キロの私が乗っても大丈夫。ロープの長さを調整するため何度も揺られていたら車酔い...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja