息子の言うこと

 スポーツ選手には、晴れ晴れとしたイイ顔をしている人が多い。特にプロの場合はナオサラだ。ひとつのことに打ち込む一生懸命さが表情に現れるのかもしれない。それも、ただイイ顔というよりイケメンだ。先日、テレビでサッカーの試合を見ていた。私の偏見だが、どうもサッカー選手には他のスポーツに比べてイケメンが少ないように思える。その気持ちを素直に口に出したら、息子が応えた。「ヘディングのせいじゃないか」。そうか、それで顔が崩れてしまったのかと妙に納得してしまった。サッカー選手の皆さん、ゴメンナサイ。

 これまたテレビで「婚活」が話題になっていた。結婚できない男女の元凶は「コンビニの存在だ」と息子が言う。中途半端に生活が便利になり一人暮しでも食生活に困らなくなったことが原因だと言いたいらしい。なるほど「コンビニ」がなかったら、食事にかける時間は大幅に増えるだろうし、一人分を作るより二人分作る方が経済的だし効率がイイ。便利な世の中が社会の歪みを生むということも一理ある。

 たまたま昨夜、会議が長引き夕食をとれなかった私は帰り道、ドライブスルーで「クォーターパウンドチーズバーガー」という、とてつもなくデカイ、バーガーのセットを食べながら走ってきた。そのセットに付いてきたバッジを息子に「ヤルヨ」と言うと、世の中のメタボの原因は「マック」にあると言う。子供の頃に覚えた味がその人の味覚を形成するので、オフクロの味よりもハンバーガーが美味しいと思いながら育った世代は、一生カロリーの高いモノでなければ満足できなくなってしまうらしい。子供にマックを好きにさせるというのは日本マクドナルド創始者の藤田さんの戦略。私が食べたセットは、なんと軽く1000キロカロリーを超えているらしい。メタボの私には禁忌だ。もう2度とマックは食べれない。別に好きな訳じゃないからイイのだが。

 こんなふうに、ときどき納得させる話をする息子だが、仕事の話になるとお互いツッパッテしまうこともある。世代のギャップは埋められない。だから私は、ほとんど仕事をしない。と、働かない理由にしている。楽だぞお・・・

投稿の新しい順

  • 愛犬ララのパピー時代

     アイディアが停滞気味。十二支の犬が、なかなか決まらない。そこで、我が家の愛犬ララをモデルに。14歳の老犬ボーダーコリー。最近、足腰が弱くなり自力で階段を上がることも難しいほど。やはり元気ハツラツなほ...

  • 毎日が試行錯誤の連続

     3回目のワクチン接種が終わり、大きな副反応もなくとりあえず一安心。もともと出歩く方ではないので、まん防対象地域になっても影響なく暮らしている。  午後からは工房にこもって、ベニヤ板を切ったり張ったり...

  • シンプル=必要最小限?

       孫の作品に触発され、いかに無駄を省きシンプルに表現できるかイメージを膨らませている。結局、ネズミの最終形はこうなったが、牛はまだ煮詰めている段階。十二支の最初の二つでつまづいているので、いつにな...

  • 孫の自由な発想に脱帽

     ベニヤをカットすると、当然のことだが切れ端が出る。小さくても形あるものは、いつか何かの役に立つだろうと捨てずに取ってある。四角や三角、大きいモノや小さいモノ。  孫を子守で預かった日、干支を作って欲...

  • ベニヤ・クラフト

     きっかけは、「ゴム鉄砲の的(マト)ゾンビ」から始まったベニヤクラフト。今では的としての機能は二の次で、いかにベニヤの断面模様を作品に生かせるかが課題になっている。アイディアを練りデッサンしてベニヤを...


  |  全記事一覧

  ラジオ録音盤

  すべての記事概要

  リンク

CLUB ZENA

Powered by Movable Type 5.14-ja

  SSL証明書



  |  全記事一覧