さすがアメリカのパワー

 いやー、スゴかったなあ。先ほどまでWOWOWの前に釘付け。何がスゴイって、アメリカのパワーに圧倒されていた。

 「オバマ大統領就任記念コンサート」、1月20日の就任式に向けての記念行事の一つである。18日午後、ワシントンの「リンカーン記念館」で開催されたもの。50万人もの観客が厳寒の野外に埋めつくす会場での豪華メンバーのパフォーマンス。

ブルース・スプリングスティーン、メアリー・J・ブライジ、ロブ・マシューズ・バンド、ジョン・ボン・ジョヴィとデュエットするベティ・ラヴェット、ジェイムズ・テイラー、ジョン・レジェンド、シュガーランドのジェニファー・ネトルズ、ジョン・メレンキャンプ、ジョシュ・グローバンとヘザー・ヘッドリー、シェリル・クロウ、ハービー・ハンコック、ウィル・アイ・アム、ソプラノ歌手のルネ・フレミング、ガース・ブルックス、スティーヴィー・ワンダー、アッシャー、シャキーラ、U2、89歳のピート・シーガーと孫のタオ・シーガー・ロドリゲス、ビヨンセなど。また、プレゼンターとしてトム・ハンクス、デンゼル・ワシントン、ジェイミー・フォックス、クイーン・ラティファ、マーティン・ルーサー・キング3世、タイガー・ウッズらも出演。

 ビル・ウィザーズの72年の全米No1ヒットの「リーン・オン・ミー」をメアリー・J・ブライジが唄い、あの頃を懐かしく想い出した。他にサム・クックの代表曲「チェンジ・イズ・ゴナ・カム」や、ジェイムズ・テイラーの「シャワー・ザ・ピープル」などなど。永遠のセックスシンボル、シェリル・クロウやハービー・ハンコック、カントリー界のスーパースター、共和党支持者のガース・ブルックスらが、普段観ることのできないコラボレーションを演じ、最高のステージ。コンサートをトリは、スーパースターのビヨンセ。「アメリカ・ザ・ビューティフル」を熱唱、最後は全員の大合唱でコンサートの幕は下りた。

 毎年感動しながら観ている2月のグラミー授賞式よりも楽しい番組だった。もし私が共和党支持者だったとしても「オバマと一緒に頑張ろう」という気持ちにさせられるコンサートだった。観客として、あの歴史的な場に立ち会った人々には一生忘れられない想い出になったことと思う。羨ましいなあー。たとえヌーディストクラブに泊まってでも行ってみたかったなあ。

 さすがアメリカのパワーには、かなわないということを魅せつけられた。音楽はやっぱり、人の心を動かすんだ(すっかり洗脳されてしまった私)

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja