ハードバップジャズが好き

 以前、田舎のFM局でDJをやってました。番組で流したのは、いわゆるモダン・ジャズ。ジャズの歴史の中では、1950~60年代のビ・バップからハード・バップ、そして、60年代初めの頃からの、マイルスのモード・ジャズ。私は、なんといっても4ビートのスゥイングするハード・バップの大ファン。

 1965年、アメリカの北ベトナムへの北爆以来、反戦歌としてのロックが支持を受け始め、そのロックのビッグ・サウンドに対抗するように、ジャズもアンプを通し始め、1970年代には、ロックやソウルを取り込んだフュージョンへと向かっていきました。また、60年代にはコルトレーンやエリック・ドルフィーのようなアドリブ追求型の天才も他界し、どんどんジャズの形態の方向性が変わってきました。

 私に言わせれば、マイルスが「イン・ア・サイレント・ウェイ」あたりから、フュージョンを発展させていったことが彼の悪行なんですね。ウェザー・リポートやチック・コリア、クインシー・ジョーンズを当時は喜んで聴いていた私も、今となってはやはり、あの身体が熱くなるようなハード・バップから抜けきることができずにいます。

 そして、1980年代以降にはロックも先鋭的ではなくなり、単なるエンターテインメントになってきます。と同時に、ジャズもハード・バップなものへと回帰し始めます。まっ、それだけではなくいろんな方向性を持ったジャズが出てきて楽しくはなってくるのですが、私にとってのジャズは、やっぱりハード・バップ!

 というわけで、2000年代のジャズも、なかなか捨てたもんじゃないですねぇ。少し古いけどエディ・ヒギンズのアルバム(煙が目にしみる)の「It's a lonsome old town」、 ウーン、セクシーだなぁ。

投稿の新しい順

  • 恐るべしステロイドの効果

     デカい蜂に刺され緊急外来へ。45分ほどの点滴が終わるころには、心持ち腫れが引いてきたような気が。時間とともに効いたらしく就寝時には、手の甲の腫れは完全に治り刺された場所にシコリが残り触ると痛い程度。やったあ!効いたじゃん。さすがステロイド!と感心して眠ったのはいいが...

  • ポップな色のブランコ完成

     朽ちて錆びていた山荘のブランコ、錆を落とし磨いてポップなイメージに塗装した。錆びたチェーンを16mm径のクレモナSロープに交換。自己流の漁師結びで吊るしたが72キロの私が乗っても大丈夫。ロープの長さを調整するため何度も揺られていたら車酔い...

  • 孫が喜ぶブランコの色

         軽トラの荷台に脚立を乗せ、錆びたブランコの鎖を切断。充電式ディスクグラインダーの威力は素晴らしい。シャックルの錆を落としてみたら、まだまだ使用に耐える状態なので、ここにステンレスのリングキャ...

  • 暇な午後にコーヒーを淹れる

     コンビニのカフェラテに慣らされたせいか、モカエキスプレスで淹れるエスプレッソに... 濃く淹れて甘くして牛乳を。スペシャルティな豆はモッタイないので、市販のエスプレッソ粉を使っている。illy、Lavazza、Pellini いろいろ試してみたが...

  • 翅を広げるドラゴンフライ

     翅を閉じるトンボ、開いて止まるトンボ。閉じるのは前後の翅の形が同じ「イトトンボ」や「カワトンボ」などの均翅亜目。飛ぶ能力を高めるため前後の翅の形が異なり、重ねて立てることができず広げて止まる不均翅亜目には「シオカラトンボ」や「アカトンボ」「ヤンマ」などがいる...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja