木々の芽

 寒い日が続いているが、私の田舎でも街中には桜やコブシの花芽が開き始めた。山奥にある山荘は、街中より気温が低く春が来るのは一足遅い。木々には、やっと花芽がつき始めたところ。

 白木蓮の花穂にダニがついている。きっとフワフワの毛のような感触が好きなのだろう。そのせいかメイやララは必ず喰われる。これからの季節、山荘に連れて行くと身体中ダニだらけ。皮膚に頭をつっこんでタラフク血を吸って大きくなったお腹を、つまんでただ引っ張ると頭が残ってしまうので、鉗子で挟んでネジリ取る。頭ごと取れたときは快感・・・

ハクモクレン

 そこら中にあるグミの木の中でも、ひときわ大きく立派なものがある。この木にたわわに実がなると壮観。

グミの木

 グミの新芽。

グミの新芽

 ライラックの新芽。

ライラックの新芽

 更紗木蓮にツボミが一つ。

更紗木蓮

 数ある花咲く樹の中でも一番好きなのがテマリカンボク(手毬肝木)。文字通り手鞠のようなまん丸い花が鈴なりに薄緑色から白に変化していく。

テマリカンボク(手毬肝木)

 手鞠かんぼくの新芽。

テマリカンボク(手毬肝木)

 桜は、まだ咲く気配を見せない。花見の頃までにバーベキューコンロを完成させる予定。90×60センチの金網をのせるとちょうどよい大きさが理想。

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja