ウィズ・ストリングスは冬に限る

行って来ましたぁ、ナベサダのコンサート。札幌コンサート・ホール・キタラ。
ウィズ・ストリングス、いわゆるヒモ付き。とっても素敵なコンサートでした。

まっ、なんといってもウィズ・ストリングスのコンサートは冬に限るですよね。
「渡辺貞夫・バラード・ウィズ・ストリングス / クリスマス・コンサート」と云うくらいのタイトルですからねぇ・・・。とってもロマンティックな雰囲気になってしまう、そんな演奏でした。当然、会場は、カップルでイッパイなのだ。

どうして、ウィズ・ストリングスのコンサートは冬! ということにこだわるのか・・・
なんたって、ウットリするようなイイ雰囲気ですからねぇ、恋する人々にとっては最高のシチュエーション。ナベサダが、アルト・サックスをソプラニーノに持ち替えた瞬間、そこは、まるでケニー・G の世界。カップル同士が、周りの視線に隠れ、手を重ね肩を寄せ合い自分達の世界に浸ってゆく・・・
そしてコンサート終了、会場を出る。外は真っ白な雪の世界、ライトに照らされて雪が舞う。マイナスの気温の中、「寒くないかい?」なんてことを言いながら、互いに肩を寄せ腕を組み、彼のコートのポケットの中で彼女の指を握り締め、白い息を吐きながら歩く・・・。うーん、なかなか絵になるじゃないですか。
まずは、お洒落なレストラン・・・、うーん、あまり明るくない店の方がいいなぁー
薄明かりの中で、テーブルランプの灯りだけ、というのがベスト・マッチ・・・
ワイングラスをカチンと合わせ、「今夜はアリガトウ! あなたの音楽の趣味って素敵よね。うふん・・・」なーんて云われて御覧なさい。たまりませんよぉー
でも注文した料理には、あまり手をつけず。互いにこのあとの展開にナニかを期待して、あまり食欲がない。身も心も温かくなった頃、ついに店を出て向います。
高層ホテル・・・、眼下に夜景を見渡す部屋! 二人は、窓辺にたたずみ夜景を眺めながら、どちらからともなく身体を寄せ合い・・・ ・・・ ・・・
なーんていう展開になってしまうんですねぇ。ウィズ・ストリングス・コンサートのあとは。(ホンマかいな? まっ、とりあえず私の場合は・・・)
ですから、これはゼッタイ寒い季節じゃないとダメなんです。
この状況を猛暑の夏に置き換えて、想像してみて下さいよ・・・
「ナンデこのクソ暑いのにベタベタすんのさ」って云われるのが落ちですから。

季節的にも絶好調のそんな夜、純真無垢な下心を持った私は、開演ギリギリに会場に着きました。ところが、待ち合わせのエントランスに居る筈の彼女の姿が見えない・・・。そこで携帯に連絡を入れると、なんと・・・!
「ゴメンなさい、仕事が入ったの」、「えーっ!」、ドタキャン・・・!

胸いっぱいに膨らんだ純真無垢な下心の捨て場所もなく、私は寂しく会場へ。
カップルで溢れた会場内、私の隣席だけが空いていて、男がポツンと一人。
「ほらっ・・・、ねぇ・・・、あれ・・・、あの人・・・、ドタキャンされたんじゃないの?」なんて声が周りから聞こえてきそうな雰囲気の中、開演を待つ。

まっ、別にイイけどさ。あの会場の中で下心もなく純粋に音楽を聴いていたの、きっと私一人だけだったのではないかしら・・・
なーんてことを云ったら怒られてしまいますね。あはっ

というわけで、とっても素敵なコンサートに出かけてきましたぁー。
(2003.12.12)
© Copyright CLUB ZENA All Rights Reserved.